1. HOME
  2. ブログ
  3. 準ミスター日本酒が、普及活動を行いました。

準ミスター日本酒が、普及活動を行いました。

「日本酒を誰よりも愛する男子」が選ばれる「2020Mr SAKE(ミスター サケ)」準グランプリの富沢武士(とみざわたけし)さん(大阪市在住)が日本酒の普及活動でさくら市内の仙禽(せんきん)を訪れました。福島県双葉町出身の富沢さんは東日本大震災を契機に両親が市に移り住んだことから、“第2の故郷”となる市で活動をスタートしました。
今回訪問した『仙禽』は、江戸時代後期の文化3年(1806年)にさくら市に創業した蔵元です。「仙禽(せんきん)」とは、仙人に仕える鳥、「鶴」を意味し、この蔵の名前として代々受け継がれて来ました。原料米を蔵の仕込み水と同じ水脈上にある田んぼから収穫するドメーヌ化を実現し、土地の風土を生かしたテロワール重視の酒造りで人気の蔵元で、『さくらブランド』にも認証されています。

『仙禽』のホームページはこちら!

MrSAKE(ミスター酒)

一般社団法人ミス日本酒が主催し、今年で第4回をむかえるコンテスト。ミスター酒に選ばれた方々は、日本酒はもちろん日本の伝統や文化などを国内外に発信する活動を行っていきます。また、日本の伝統ある文化である酒の魅力を世界へ繋ぐスペシャルアンバサダーとして、音楽家で元globeのマーク・パンサーが活動しています。

関連記事