観る

Sightseeing

櫻野八幡宮

Sakurano Hachimangu

本殿には、当時は珍しい大象の彫刻などが飾られています。

古い歴史を持つといわれる八幡宮ですが、現在の姿になるのは江戸時代に入ってからです。
本殿は間口6尺(180センチメートル)奥行10尺(300センチメートル)総欅白木造りで、鳳凰や当時は珍しい大象そして鯉が滝を登り、竜となる登竜門を三方に彫り廻らした彫刻などで飾られています。
江戸後期の寺社建築として優れている他に、文政元年(1818)に宇都宮の高田仲衛門等宮大工によって着手されたことや、儀式、祝宴、群衆などを描いた絵馬「本殿上棟式図」に見る文政五(1822)年の上棟式、文政九(1826)年に行われた遷宮式典の様子など、年代、作者、諸記録が明確なことも重要です。
本殿の他に多くの奉納絵馬がありますが、そのうち上記絵馬の他に、「大相撲図」、小宅文藻筆「鶏図」、菊池愛山筆「暖燗紅葉図」の4図が町指定文化財になっています。

基本情報
住所

栃木県さくら市櫻野1510-22

アクセス