1. HOME
  2. 特集
  3. さくら市喜連川地区は鮎の生産量東日本一!

特集

Special

さくら市喜連川地区は鮎の生産量東日本一!

鮎生産量 東日本一

さくら市の喜連川地区では鮎の生産が盛んでその量は東日本一です。2018年の東日本(北海道・東北地方・関東地方)の鮎生産量は394トン、うち栃木県が327トンと全体の8割以上の割合を占めています。その栃木県の中で喜連川地区の鮎生産量は過半数以上を占めています。きれいな湧水と喜連川丘陵に囲まれた自然豊かな環境でおいしい鮎が育てられています。

きつれ川の鮎まつり

喜連川地区では、2018年から『鮎生産(あゆづくり)東日本一 きつれ川の鮎まつり』を6月に開催しています。2019年は6月30日(日)に開催し、多くのお客様でにぎわいました。2020年以降も引き続き『道の駅きつれがわ&水辺公園』にて開催予定ですので、是非お越しください。

電車・バスでのアクセス

JR氏家駅から馬頭・びゅうフォレスト行きバスで約20分御嶽神社前下車すぐ

車でのアクセス

矢板ICより喜連川方面へ約15分、上河内スマートICより R293を氏家喜連川方面へ約30分